脱毛は健康保険適用できるのか?

脱毛の際には費用を節約するために健康保険の適用が出来ないかと考える人が多くいます。特に医療施設で行われる医療レーザー脱毛であれば保険適用になるのではと考える人が多いのですが、残念ながら基本的に保険は対象外になるとして考える必要があります。

現在運用されている健康保険制度はあくまでもケガや病気を治療するための医療行為にのみ適用される物として定められており、脱毛はほとんどの場合怪我や病気を治療するものではないため対象外になってしまうのです。そのため基本的には費用は全額自分が持つ必要があるのだと考えるようにしましょう、

さて、しかし「一切の例外が無いのか」と言われるとそうでもありません。問題なのはケガや病気といった原因が無いということですから、言ってしまえば「怪我や病気が原因で毛が増えた」という条件が満たされていれば保険適用になるのです。

この代表例としては多毛症が挙げられるでしょう。多毛症は本来やわらかい毛が生えるはずの部分に硬い毛が生えてしまう病気であり、医療施設も検査の結果そう判断しているというのであれば保険が適用されます。ただ多毛症自体が珍しい病気ですから、ほとんどの人はやはり例外にはならないとして考えておきましょう。

プラズマ方式によるメンズ脱毛

近年では毛深い男性よりも、つるつるのムダ毛のない男性の方が女性に好まれる時代になりました。メンズ脱毛が効果的に脱毛ができるプラズマ式は、レーザー脱毛よりも痛みがなく肌を綺麗にしながら毛深い男性のムダ毛にもとても効果的にムダ毛の処理ができるのが特徴です。

1本1本が太く広範囲にある男性のムダ毛でも、プラズマ式の施術で肌に負担をかける事もなく肌荒れを心配する事もなく、効果の高い施術方法で毛深い悩みを解消する事が期待できます。時間をかける事もなく脱毛ができるので、気になるムダ毛を効果的に処理できます。

男性のムダ毛に特化したプラズマ式の施術方法は、を綺麗にしながらムダ毛をなくす事ができるのが特徴です。全身のムダ毛の他、ヒゲの脱毛もしっかりと処理をする事ができるので、肌をいつも清潔に保つ事ができます。

メンズ脱毛の施術を受ける事で、自分で行うムダ毛の処理よりも満足にく仕上がりが期待でき、ムダ毛をなくす事によって好きなファッションをムダ毛を気にする事もなく楽しむ事ができるメリットがあります。

肌に優しく施術をする事ができるので、肌の弱い男性の方でも安心してメンズ脱毛でムダ毛をなくす事ができます。

未成年の脱毛に必要なものとは

思春期を過ぎた頃からムダ毛が気になるようになってきたという人もいます。脱毛の施術は、大人だけが受けることができる、というものではありません。脱毛は、一定の条件をクリアしていれば未成年でも受けることができます。

最近は、手軽な料金で施術を受けることができる脱毛サロンやクリニックが増えてきましたが、それでも大きな費用がかかる場合があります。そのため、施術を受けるときは、必ず親の同意書が必要になります。同意書は、ホームページから簡単にダウンロードを行うことができるサロンやクリニックが多いので、便利に利用することができます。

未成年は、カウンセリングは同意書なしでも受けることができますが、契約をするときには必ず必要になります。同意書は、住所、氏名を記入し、捺印をするだけというとても簡単なものです。同意書があれば、電話確認もなく契約をすることができます。

未成年は、まだ肌の状態が安定しておらず、とてもデリケートです。そのため、施術を受けると肌荒れなどの肌トラブルが起こることがあるので、万一のときのことも考えると必ず親の同意は必要になります。脱毛を受けることをきちんと親と話し合い、同意書を準備して契約手続きを行いましょう。

ホルモン剤と脱毛の関係について

ムダ毛を除去する事を目的とした脱毛は、エステティックサロンなどの美容施設と美容外科などの医療機関で提供されています。

美容施設の方法はフラッシュ脱毛、クリニックで行われているものは、医療レーザー脱毛と呼ばれています。これらは、共に光をムダ毛に照射して毛根にダメージを与えるというメカニズムは共通していますが、使用する機器の出力に違いがあるので、呼び方も異なっています。

ちなみに、ムダ毛のメラニン色素に反応する特殊な光であり、表面部分にムダ毛が明確に露出している成長期と呼ばれる状態でなければ効果は発揮されません。

ホルモン剤のピルは、排卵を抑制する事により、妊娠を回避するという事を目的としています。また、このホルモン剤には、抗アンドロゲン作用もあるので、男性ホルモンのテストステロンを抑制します。

テストステロンは、ムダ毛を増やしたり濃くしたりする作用があるので、ピルを飲む事によりこれらが妨げられるという事になります。

つまり、ムダ毛が薄くなるという事で、光を吸収させにくい状態になるという事でもあります。このために、特に出力が弱い機器を使用している美容施設での脱毛は、ピルの服用時には断られるというケースがあります。

安心で確実な医療機関での脱毛

最近では自分で脱毛の処理をすることよりも、専門的に処理をしてもらえる施術を受けることができます。

脱毛施術のサービスを提供しているところとしては、サロンやクリニックがありますが、両者の違いと言えば医療機関かどうかという点があります。クリニックは医療機関に該当することから、脱毛の施術を担当する者は医者や看護師となりますので、高い信頼性を持って施術を受けることができます。

サロンであれば、研修を受けてからすぐのスタッフが施術を担当することも考えられますが、クリニックであれば資格を持っている医療従事者が担当しますので安心です。

クリニックで行われている脱毛施術は、医療レーザーの種類が多くなりますが、設置されている機器は厚生労働省やアメリカ食品衛生局などで認可を受けている医療機器となります。

サロンに設置されている機器は、医療機器ではありませんので、その点についても信頼性が大きく違うと言えます。クリニックであれば万が一施術による皮膚トラブルが発生した場合であっても、そのままケアをしてもらうことが可能ですし、サポート体制が充実していると判断できます。

サロンは病院ではありませんので、皮膚トラブルが生じたときには提携している病院で診てもらう必要があります。

永久脱毛の特徴とメリット

ムダ毛処理の方法は豊富にありますが、一番効果が高いのは永久脱毛です。永久脱毛を名乗れるのは、医療機関以外にはありません。エステサロンで名乗ることは違法となるため、名称を変えているわけです。

サロンが治療という言葉を使えないのも同じ理由からです。医療機関によるムダ毛処理は、出力の高いレーザーで処理していきます。照射範囲が狭い分だけ高出力であり、毛根までレーザーが届いてくれるのです。

毛根を破壊しなければ、本当の意味での永久処理は行なえません。効果にこだわる方は、サロンよりも医療機関での処理をおすすめします。

医療機関の永久脱毛の特徴には、処理後の対応力にもあります。肌状態に合わせてレーザー出力を調整しますが、完全に肌トラブルが起こらないという保証はありません。

処理前にはカウンセリングもしますが、実際に処理をしてみないと術後の経過はわからないのが現状です。大手サロンは提携医療機関を用意していることが多いですが、これは万が一に備えているからです。

医療脱毛のメリットは、その場で治療できることにあります。治療薬を用意しており、医師が診断をして適切な薬を使って治療していきます。医療レーザーは出力も高いですが、治療が行えることを考えると最も安全な方法だと言えます。

除毛クリームでの脱毛もオススメ

いろいろな脱毛方法があります。ムダ毛を抜く時、とても痛みがあるでしょう。ただ、中にはほとんど痛みを感じなくて済む方法があります。それが除毛クリームです。気になるところに塗ってしばらくするとムダ毛が柔らかくなります。

後はふき取るだけで終わってしまいます。とても簡単な方法なうえに、肌にもとても優しいのでまったく痛みを感じなくて済むでしょう。

どんな成分が入っているのかを事前に確認して、苦手な成分が入っていなければ安心して使うことができます。脱毛が苦手な人にもこれなら安心して使えるでしょう。

肌がとても敏感で、とても脱毛できないと思っている人には特に向いているでしょう。もちろん、内容成分を事前に確かめて、パッチテストを行ったほうが良いです。これらをクリアしたら使ってみてください。

これまで、肌が荒れるから脱毛をあきらめていた人もつるつる肌を手に入れることができるでしょう。ムダ毛を抜くわけではないので、肌に強いダメージを与えることもありません。

敏感肌の人も安心して使えるのはこういう理由もあります。仕上がりもとてもきれいになりますから、まるで脱毛したかのようになるでしょう。

脱毛のVIOってどこのこと?

脱毛をするときに、どこの部位を施術するかはとても重要なことです。しかし、施術の部位は細かく決められていて、脚でしたら、ヒザ上、ヒザ、ヒザ下と三つの部位に分けられています。

背中も上と下になっているなど、日頃の体のパーツとは異なる分け方になっています。顔も、頬や鼻下、おでこなどになっています。これは、目の周りの施術は失明の危険性があるために避けるからです。施術をするときは、自分がどこの部位が気になっているかを確認しておくと、スムーズです。悩んでいる時は、スタッフに相談することもできます。

VIOという言葉は日頃はあまり使いません。Vライン、Iライン、Oラインの三か所をまとめて指すときに使う言葉で、女性のビキニに隠れる部分のことです。この部位は下着や水着からムダ毛が出てしまうのがとても恥ずかしい思いをします。

しかし、最近は見た目だけの問題ではなく、デリケートゾーンのムダ毛がなくなることで、生理中の蒸れやにおいを解消し、清潔に保つために脱毛する人が増えています。VIOのことをハイジニーナ脱毛とも呼びますが、ハイジニーナとは衛生的という意味のハイジーンという単語が語源です。

脱毛サロンで契約するなら料金を見比べよう

脱毛サロンにおける料金は、インターネットの専用のサイトで比較していく姿勢が重要であり、脱毛する部位によって差があることを理解しておくことが大事です。特に女性用はプランが豊富になっていて、腕や脇などは初回キャンペーンで千円という破格の金額を提示しているところもあります。

またサロンか医療機関かによって施術の内容も若干変わっていくため、たくさんの部位を脱毛したいという希望ならば、早期に契約をする方が料金的にもお得な状況が生まれていくわけです。満足のできる仕上がりを目指していくのがポイントです。

脱毛が初めてである場合は、先ほど述べたキャンペーンを利用することが賢明です。料金以外のスタッフの信用度や設備の充実性も同時に知ることができ、これまで自己処理では難しかったことも難なくクリアしていくことが可能だからです。

さらに剃りにくい部位ほど人気があるという特徴もあって、脇の千円プランは数か月先まで予約で埋まっているという現状もあります。そういうこともあり、脱毛サロン側の客引きを上手く活用して、通常料金よりもお得な価格で施術を体験していくことが最初のステップとなっていきます。

ハイジニーナ脱毛の基礎知識:永久脱毛はできるの?

近年とても人気が高まっているのが、ハイジニーナの脱毛です。可愛い水着をムダ毛を気にしないで着用するためにも、ムダ毛は完全に処理したいと考える女性は多いです。エステサロンでのお手入れは、照射出力が弱いので、完全に永久性のあるお手入れはできません。

しかし、医療レーザーでの施術であれば、永久脱毛は可能です。毛乳頭などの細胞を、レーザーによって完全に破壊するため、毛が再生しない結果を出すことができます。エステサロンでは、出力の高いマシンの導入は許可されていません。お手入れは医療機関での施術になります。

ハイジニーナは医療機関での医療レーザーで施術をすることで、完全にムダ毛を無くすことができます。デリケートゾーンのお手入れなので、お手入れの痛みは強めです。ビキニラインは、比較的痛みも我慢できるレベルです。

IラインやOラインは、医療レーザーでの照射は痛いです。痛みに弱いという自覚がある人は、クリニックで麻酔をつけてもらうことが可能です。予約の時間を早めて、麻酔を塗布する時間も必要です。時間をおかない麻酔を希望であれば、笑気麻酔にも対応してくれるのか、確認をしてみましょう。ほかには冷やしながら、ハイジニーナ脱毛を行うこともあります。